ガラスペンを買った

ガラスペンを買った。

5年越しの夢が叶った。

f:id:matsuri_p:20210127230246j:image

2015年の多分秋頃、Twitterでとっても綺麗なインクの情報が流れてきた。

どうやら海外製で、付けペン?万年筆?のインクらしい。

 

当時の私はインクのこともペンのこともさっぱりで、ただただ綺麗なインクに一目惚れをし、海外のサイトで(多分当時は海外でしか扱ってなかったんだと思う)インクのサンプルを輸入した。

深く美しいグリーンに溶け込んだゴールドのラメ。

何度も振ってはラメを散らし、爪楊枝をそっと浸して紙に線を書いた。

そこで終わってしまった。
このインクに合うようなペンを買おう、という事には当時はならなかった。

 

それから少しして、デザイン事務所のライターとして働きだし、手で書く量が一気に増えて手首を痛めかけた。腱鞘炎になりかけていた。

ペンを握りたくない、シャープペンシルをノックしたくない、と悩んだ結果、万年筆にたどり着いた。
運良く、「kakuno」という入門用の万年筆が広まり始めた頃で、苦労なく、しかもお手頃価格で私は万年筆を手にすることができた。

軽く握るだけで書ける万年筆は私を救ってくれた。

書き味になれるともっとおしゃれな万年筆が欲しくなり、値段とデザインと相談しながら探し求めた結果、「コクーン」という万年筆にたどり着いた。

ちなみに「kakuno」も「コクーン」もPILOTさんの商品。

国産でAmazon楽天で、すぐに手に入ると思っていたのだが、私が惚れたコクーンはなんと海外限定のデザインだったのだ。

ちなみに海外ではコクーンではなく、メトロポリタンという。

やっぱり当時は欲しい色が売っていなかった。冒頭の写真の、緑の子である。

綺麗なグリーンとフォルムに惚れていたので、どうしてもこれが欲しかった。これを持って、仕事をしたかった。

 

悩んで思いついたのが、インクのサンプルを買った海外のサイトだった。

恐る恐る検索してみると、メトロポリタンのグリーンを、取り扱っていた。

すぐに注文して、届く間にインクを買ったりなどし、万年筆が届くのをとにかく待った。

とうとう届いた万年筆は、少し冷たくて、手にしっくりとなじみ、ずっしりとした重みがあった。

ずっしり、というとどれだけ重いのだと言われそうだが、それまで使用していたkakunoが驚異的に軽かったせいもある。

でもその重みは筆圧をかけなくていい優しさであったし、痛む手首から負担を拭い取ってくれた。力を入れなくても自重でインクを吐き出してくれるのだ。

気持ちいいほどスルスルと文字が書け、インタビューの仕事なんかでは取り出すだけでちょっとした話題のタネにもなった。

ただそのデザイン事務所は一年ほどで辞め、今はWebの仕事をしている。

万年筆はメモを取る時に使う程度に頻度が減った。

でももう、ボールペンには戻れないし、ペン先が乾かないよう、定期的に使うようにしている。

 

ステイホームのさなか、昼食を取りながらテレビを見ていたときだ。番組でガラスペンの特集をしていた。

ふ、と浮かんだのがラメ入りのインクのことだった。机の引き出しの、奥の奥に転がっている、プラスチックの簡易容器に閉じ込められているインク。

ラメ入りのインクは万年筆に使えない。ペン軸にラメが詰まってしまうからだ。

万年筆は使っていても、使えないインクのことは忘れかけていた。たった10ドルのサンプルを、3倍も4倍もの送料をかけて取り寄せたのに。

ガラスペンを検索した。

驚くような値段で売っていた。私はもっと、一万円だとか、数万円だとかする、高級な筆記具だと思っていた。

もちろん、それだけの値段がするガラスペンもあるが、数千円で買える物もあるとは知らなかった。

インクを買ったときに比べると思考回路がケチになっていた私は、本当に使うのか、補完できるのか、すぐに飽きるのではないか、と買わない理由をとくとくと考えた。

でも買ったらあのインクが使える。

爪楊枝にひっかけて、小さな丸を書いて終わったインクで、文字を書くことができる。

目を閉じて決済ボタンを押して、今度はたった数日でガラスペンはやってきた。

つるつるとしたボディ。

鋭利な切っ先。ちょっと力を込めたらすぐに割れてしまいそうで怖い。

軽くて、不安定で、美しい螺旋を刻むペン。

机の中から掘り出していた、5年前のインクを隣に並べた。

それだけで感無量で、心が満たされた気になった。

あの時惚れたインク。底にラメが貯まってしまっているインク。

乱暴なほどに振って、汚さないようにガラスペンを浸した。

書き味を売りにしている紙に、切っ先を這わせる。ガリガリと、ガラスの先端は紙を掻いた。

万年筆ではもちろん、シャープペンシルでもこんな引っかかりはない。

つるりとした持ち手はどう持つのが正しいのかわからず、ぐねぐねと手首を曲げた。

軸を回せば紙が破れそうなほど強く引っかかったと思えば、どばっとインクが落ちることもあった。

螺旋からインクが無くなるまで文字を書いた。

紙に踊るインクは、綺麗な深いグリーンで、ラメは小さすぎて見えず、光にかざしながら傾けたときだけ、微かに光った。

私はすぐにガラスペンを洗って、クッションが詰められたケースに戻した。

5年越しに叶った夢は、嬉しいのに落胆している。
感慨深い気もするが、どこか呆気ない気もする。

多分あのとき、すぐにガラスペンを買っていれば喜び舞い上がって終えられたんだろう。

次にガラスペンを取り出すのがいつになるかも、まだわからない。

乾いたインクは、指でなぞるとボコボコしていて、慣れないペンで書いた文字はいつも以上に汚くて、少しだけキラキラしている。

 

ギャング・オブ・ロンドン

f:id:matsuri_p:20210125232423p:plain

ギャング・オブ・ロンドンを見た。

マフィアものはどうしても年代が古いものが多くなってしまうなか(韓国映画は除く)、ここまで豪快で過激な現代マフィアの抗争ものを見られるなんて思わなかった。

ありがたい……ありがたい……でもめちゃくちゃ疲れた。

マフィアやギャングものが好きなくせに、激しい暴力描写は苦手という何言ってんの?と言われそうな性質なおかげで、たっっぷりひと月かけて走り切りました。
正直何度リタイアしそうになったか。

ドラマ全編通してとにかく、痛い!凄惨!
痛みに対する描写が徹底されていた。気がついたら息を止めている。

繋がりや絆、結束は力になれど行き過ぎれば破滅を引き込み断ち切ることができなくなる。

「ファミリー」を保つことで自分は何を守りたかったのか。

視覚的にもメンタル的にもゴリッゴリ削られるけど、それを理由に見るのを辞められないぐらい面白いドラマだった。

 

以下ネタバレありの感想↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E1の時点であまりの濃さにリタイアしかける。
一度見て、内容が掴みきれなくて少し日を置いてから2回目を見たけどパブの乱闘シーンの時点で既に過激なんだよなぁ。
こんなにも爽快感ゼロの、超一流アクションシーン見たの初めてなんじゃないの。

ドボドボ人間から溢れる血と臓物。

E2で牛が惨殺されたのも結構キツかった。フルスロットル流血!

フィン殺しの少年らが隠れ潜んでいる辺りも悲惨な未来しか見えなくてしんどかったけれども、ラーレの抜け駆けがバレた瞬間、私の血も凍った。むしろ続きを見る決心が付かなくてその日は見るのを辞めた。
息ができない。一気に血が引いていくトラウマに遭遇したかのような感覚。

ドラマ見て味わいたくなかったわ!!

 むしろドラマでここまで描いちゃうレベルの高さ。スクリーンで観て圧倒される、というのはあるけれど、iPadで見ててこれだもの。

エリオットもジリジリと包囲網が縮んでいくのが辛い。てかエリオットのメンタル鋼通り越してない??
身体も丈夫だけど、メンタル強すぎる。あとまぁこれは言うなと言われそうだけど、運が良い。運も実力のうち。

その強運を発揮するE4の後半、流れるような展開が痺れるほどかっこいい。

滑るようなカメラワークは息づかいが感じられそうなほど、緊迫感がすぐそばにあった。頭がクラクラするほど息を止めていた。

割れた鏡に映る血まみれの家族。
妊婦のふくらんだお腹に付いた赤い手のひら。

全てが完璧でスタンディングオベーションだよ!!あのラスト10分は何度だって見たい。

からのE5。
007/スカイフォールを連想させるような寂しい家が、スカイフォールよろしくやっぱり大爆発する。

容赦の無い大殺戮。爆弾で人間が弾ける描写初めて見たよ。

もうここまでくると人間が弾け飛ぼうが、埋められようが慣れるというか麻痺し始める。ただ、刃物での殺戮はこたえた。

容赦なく重ねられる、目も当てられない拷問の数々。特にE6の母上……。つるし上げて足下に割れた瓶……。徹底されすぎてる。痛い、あまりにも痛い。正直ちょっと早送りした。
E1なんかは夫を殺されて打ちひしがれている妻だったのに、誰よりも鬼だ。彼女もれっきとしたマフィア。
あの母を前にするとショーンがまともに見える不思議。

あとこれまで「潜入捜査官が正体を隠したまま敵方の人間と恋に落ちる」シチュエーションが大好きで萌の一つだったんだけど、こんなに……苦しいとは……
彼女がまた、エリオットの横で幸せそうに笑うからさぁ。
エリオットの正体を知ったとき、一瞬で光が消えた彼女の瞳。バレるパターンの中で一番最悪なバレ方だよ。
そして持ってきたのがショットガンなのがやっぱり彼女もマフィアの娘。ベレッタとかじゃないの。ジャクリーンがまさかこのタイミングで退場してしまうとは思わなかった。

この辺りが徹底されていて、どれだけ柔らかく笑おうと、幸せそうにしようと、さめざめと涙流そうと、一般人じゃない。容赦なく、線引きがあまりにもはっきりしてる。

トゥーランドットをバックに崩壊するビルより、ショーンの涙が美しく描かれすぎてて忘れられない。

ドゥマニ家との決別の爆破。

ラストは「絶対的な誰も逆らえない力」があまりにも強くて上手く持って行かれてしまった感があるけれど、あんな決着の付け方するとは思わなかったさエリオット。

ショーンとエリオットが彼の思惑通り並んで立つところも見たかったし、一瞬希望を持ってしまった。

ぶち抜かれたけど。

 

思い返しても血と血と絶叫と暴力が敷き詰められてるし、見るのに体力も精神力もいるんだけど、言葉にできない部分で面白いんだよなぁ。

S2の制作が決定しているということで、じっくり待つしか無い。

今日でAppleTVの契約ちょうど一ヶ月だから解約するけれど、きっとまた契約して見てしまう。

 

そうだ、これ一つ抗議したい。犬。わんこ。
頼むからペットを現場に連れてくるな。なんで連れてくるの。仕事に一切関係ないじゃん。ほらマシンガン持った飼い主の足下で楽しそうに尻尾振ってんじゃん!
ペットのワンコは、殺戮現場に、連れてこないで。
いっしょうのおねがい。

 

ペインクリニックすごい

慢性的な肩こりで眼精疲労も酷くて頭痛持ち。

なんて人は書いたり描いたりしているならほぼほぼ当てはまるんじゃないだろうか。

「でも整体院には通ってる」「ドラッグストアでロキソニン買ってる」って人はペインクリニック行ってみて欲しい。
プロすごいわ。お医者さんすごい……。

私も慢性的な肩こりで、眼精疲労もゴリゴリで、月に2度は割れんばかりの頭痛に悩まされていた。

でも、Web関連の仕事をして、仕事終われば趣味の書き物をし、息抜きは映画なんて生活を十年もやっていたので頭痛は来て当然だと諦めていた。

だって周りのみんな(※フォロワー)も大体頭痛するって呟いてるしさ……
定期的に接骨院行って「やべぇっすねwww」って言われながらほぐしてもらってるしさ……
ストレッチもしてるし、ラジオ体操もしてるし、コロナになるまではジム通ってたし。

それで治らないなら仕方ないと思ってた。

でも痛いもんは痛い。

私は右利きなのに左肩がめちゃくちゃ凝るタイプで、本格的に頭痛が始まると左肩から首、左後頭部全部と左目の周りがガンガンと痛む。
銅鑼を叩かれているような痛み方で、酷いときは吐いて寝込む。
ここまで来ると何かしようなんて気にはもちろんならないし、寝てるか便器抱えているかの二択だけれど、

ここまで痛くなくても何もできない、する気になれないのが頭痛。

マジふざけんな。

まぁこの吐くまでくる頭痛が年明けになっていて、月末にさしかかった今日も何もする気になれないぐらいの頭痛に襲われた。

土曜日だぞ!!!??
それに原稿の〆切りがあるから「何もする気になれない」ではいられなかった。

ロキソニン様はもう効かない。

このご時世、整体院にほいほい行くのも憚られる(お金もかかる)。

ということでペインクリニックを受診した。

結論から言うともっと早く行けば良かった!!
これにつきる。

ペインクリニックとはその名の通り、痛みの治療に特化したクリニック。
名前と存在は前から知っていたけれど、そんなニッチな(失礼)クリニックが行ける範囲にあるかよ……どうせ都心に行かなきゃ無いでしょ?と思っていた。

まさか家から10mも無いところにあった。

Googleマップ二度見したし、自分の観察力のなさに泣いた。

こぢんまりとしたクリニックは雨の朝一、待合室に私一人。問診票にこれでもかと頭痛が辛いことを書き殴って受付の看護師さんにお渡しした。

たった10mの移動でも頭はグワングワン痛いし寒いし最悪。

そして待ちに待った診察。

何年頭痛に悩まされているかと、どんな痛み方がするのか、痛みの周期などを熱く語った。

正直、痛すぎて脳梗塞の可能性も考えたことがあったし、何より生活に支障が出すぎているのが辛い悲しいしんどい。

それを全部話した結果、私は「緊張性頭痛」と「偏頭痛」の混合タイプと言われた。

混合しないで欲しかった。

先生から頭痛について丁寧に説明をしていただき、心構えも教えてもらった。

脳梗塞まで疑うほどだった私にとって、先生の「膝や腰が痛むのと同じように、頭も痛むんです」という言葉に肩の荷が下りたと感じるほど救われた。

私の頭痛は持病。だから上手く付き合っていくしかないと。

虫歯みたいに治療して完全に治すことはできないけれど、痛くなったら痛くなくしていくことはできると。

虫歯みたいに完治させられないのは正直残念だけれど、痛みに怯えることもあった私にとって精神的に救ってもらえた。

マジで何でもっと早くかかろうと思わなかったのか!!!!!

医者舐めんな!!!!ごめんなさい!!!!

そして頓服でどっっっさり愛しのロキソニン様を出してもらい(保険万歳)、しんどい頭痛が来たときに飲む薬を出してもらった。

一錠がめちゃ高い(※私にしては)薬に震えたけれど、それで頭痛で寝込む一日二日が消えるなら心も体もラク

薬が効かなかったらまた別の方法を考えましょう、ということで診察を終えていざ服薬。

面白いほど痛みが消えてちょっと泣いた。

専門医にかかることの大切さよ!!!

いやぁもうね、接骨院通ってて肩こりこれで、もう何してもダメっしょwって思ってた自分。思い上がんな!!

なんのタメにお医者さんがいるのか。

どうして病院があるのか。病気や部位毎に専門の科があるのかを、今日ほど噛みしめて感謝した日はありませんよ。

頭痛で悩んでる方。
でも頭痛で医者にかかったことが無い方。

てか頭痛じゃなくても痛い、辛いを抱えている方。

コロナで難しいかもしれないけれど、できるだけ早く診てもらって欲しい。

 

そして全ての医療従事者様、ありがとうございます。ただとにかく感謝しかない。

ペインクリニックすごい。

 

肌荒れをどうしてもどうにかしたかったので

冬問題のひとつ。肌の乾燥。しかも肌が弱い。

冬なので肌の強弱は関係なく乾燥すると思うが、肌が弱いゆえ、保湿がしにくい!ケア用品を選んでしまう!

ので肌に合ったら大当たり。

最近ひとつ大当たりを引けました。やったー!

それが「Neutrogena(ニュートロジーナ)」のボディオイル。

f:id:matsuri_p:20210118220247j:image

お風呂から上がる前に使いたかったので、どうしてもオイルがよかったんです。

いわゆるインバスケアがしたかった。出たら速攻で顔のケアに入るし顔を終わらせると肌は確実にひえひえ。

でも顔が優先!なのでお風呂の中で済ませたい!

洗い流すタイプのエマルジョン保湿ケア用品もたくさん出てますが、超有名メーカーのもので肌荒れを起こしたので一度でお蔵入りです……。

見つけられてよかった。

ただ、店頭で売ってない(私の近所の話ですが…)のが悲しい。

ニュートロジーナのボディーローションや、ボディーバームならドラッグストアに山積みされているのにオイルだけがない!

オイルも置いてください…お願いします…あとでご意見投稿します…

ニュートロジーナボディオイルのレビュー

①保湿力半端ない

大昔リップクリームを使っていたのですが、オイルを全身に使って改めてびっくり。

ベタつきやぬるぬる感がないのにしっっとり!むしろサラサラッとオイルは流れていくのにしっとり!!

エマルジョンとかバター系をがっつり塗ってしっとり体験は結構あったのですが、これだけサラサラのオイルで保湿してくれるの凄いな?!

自分で触って実感できるするすべ感は最高です。

 

②「フローラルの香り」

フローラルの香りってネーミングはこんなに振り幅があるんだなと今回噛み締めました。

花粉感強め、花壇(土壌)に緑と共に咲いた花・花畑の香りです。

ロクシタンとか匂いに重点を置いてる柔軟剤とか、そっち方面じゃありません

でも微香ですし、嫌な匂いじゃないです(※私はです)。

塗って寝るまでは鼻を近づけて嗅げば匂いがしますが、朝起きたらほぼ消えてます。衣服や寝具に残ってる感じもしません。

ちなみに全身くまなく塗ってます。

 

③さらさらオイル

他に自分が持っているのが髪につける椿油なもので、比較してやるなと言われそうですが、粘度がとても低くて驚き!

水のよう……というと大袈裟かもしれませんが、お風呂の中で簡単に皮膚の水分をタオルで取っただけで使っているので、しゃばしゃば感はましまし。

倒れて流れちゃった!は無いようなキャップの作りですが、あまり強く押しすぎない方が吉。

かわりにヌルつきもベタベタ感も殆どないです!なのにしっかりしっとり!すごい!

ニュートロジーナのボディオイルがオススメな方

・浴室から出る前に保湿したい方

・ぬるぬる感が苦手な方

・強い匂いが苦手な方(匂いゼロではないですよ!)

・とにかく保湿したい方

オススメです!!

透明で、インバスだと付けてる感があまりないのでどれだけどこに塗ったか分からなくなりがちですが、触ると既にしっとりしてるので同じところに二度も三度も塗っちゃった…💦とはならなそう。

お値段もそこまでしないのがありがたい。

ケチらずしっかり保湿しますよ!!